小学生の便秘は複雑な心理も原因になってくる

290455140小学生になるといろいろなことで人目を気にするようになります。授業中にトイレにいきたくてもなかなか言い出せなかったり、からかわれるので我慢するという子供が多いのです。

排便を我慢してしまうと腸内で水分がなくなっていき、家に帰った頃にはすっかり出にくくなってしまうんですよね。こういうことを繰り返していくと、どんどん悪化して頑固な便秘になってしまいます。

便秘に効果があるお茶やオリゴ糖を食事に使ってあげると、本人が意識しなくても便秘解消につなげていくことができるのでストレスを感じずに便秘を治していくことができます。

毎朝、排便のためにトイレに行くという習慣も必要になってくるので、その時間を見越して少し早く起床させるなどの生活改善も必要になってきます。

オリゴ糖を使うことで便が柔らかくなってトイレに籠る時間が短縮されることで、朝の忙しい時間にも苦にならずにトイレに行くことができるようになります。