妊娠中には下剤、便秘薬のペンクルシンは使わないように

851434

便秘はとてもつらいものです。便秘は男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。さらに妊娠するといっそうなりやすいともいわれています。実際妊婦さんの多くが便秘に悩まされています。
なぜ妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか?いくつかの原因がありますが、妊娠すると多くの変化があるからです。

・体調の変化による運動不足
・ホルモンバランスの変化
・食事の変化
・水分不足
・変化によるストレス

以上のような原因があります。
妊娠すると体と生活に大きな変化が生じます。
そうした変化のためにストレスを感じ便秘につながることもあります。
ストレスをためないことが大切です。

妊娠中の便秘解決のために下剤は服用してもいいのか?

普段から便秘の方は下剤を服用して解消しているかもしれませんが、妊娠中に下剤を使用してもいいのでしょうか?
便秘薬として一般的なのがペンクルシンという下剤です。市販されていて入手しやすく、便秘にとても効果的な薬です。
ペンクルシンは大腸に刺激を与えて自然に排便を促す効用があります。副作用が少ないという特徴もあります。
とても手軽で効果があるのですが、妊婦の方は使用を控えるように説明書きには書かれています。
というのも副作用が少ないとはいえやはり少しは副作用があり、人によっては腹痛やめまい、嘔吐の症状が出る場合があります。
また、排便を促す効果があるため流産や早産の危険があるため使用は控えた方が良いです。
薬はあくまで薬です。
少なからず体が吸収して、赤ちゃんにも影響を与える可能性があります。できる限り服用したくないものです。

薬を使わず便秘を解消する方法

一番良いのは薬を使用せずに便秘を解消することです。母体にも赤ちゃんにも安心です。
妊婦さんが便秘になる原因はいくつかありましたが、その多くは薬に頼らず解消することのできるものです。
特に食事によって解決することが出来るでしょう。定番ですが食物繊維をしっかりと摂るように心がけてください。
食物繊維はスムーズな排便に必ず必要なものです。豆類や野菜、きのこ、穀類、海藻類に多く含まれています。
普段からこうした食物を意識的に食事に組み込んでください。また同時に水分補給も積極的に行いましょう。
妊娠すると水分が赤ちゃんにも吸収されるため普段よりも多くの水分が必要になります。
特に冬は水分を摂るのをためらってしまいますが食事と共に意識的に水分を補給してください。また、適度な運動も必要です。
ホルモンバランスの乱れや、体調の変化によるストレスを和らげるために運動が効果的です。
激しい運動は刺激が多いですが、軽度な運動を行うことによりストレスを和らげ便秘解消にも効果的です。
妊婦さんは特に便秘になりやすく、悩んでおられる方も多いと思います。赤ちゃんのことを考えるとできるなら薬は使わず解消したいものです。日々の生活に少しプラスアルファすることで便秘の解消を促すことが出来ます。

最初は面倒に感じるかもしれませんが習慣にしてしまえばこっちのものです。ぜひ、意識的に取り組んでみてください。