妊娠中には下剤、便秘薬のペンクルシンは使わないように

851434

便秘はとてもつらいものです。便秘は男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。さらに妊娠するといっそうなりやすいともいわれています。実際妊婦さんの多くが便秘に悩まされています。
なぜ妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか?いくつかの原因がありますが、妊娠すると多くの変化があるからです。

・体調の変化による運動不足
・ホルモンバランスの変化
・食事の変化
・水分不足
・変化によるストレス

以上のような原因があります。
妊娠すると体と生活に大きな変化が生じます。
そうした変化のためにストレスを感じ便秘につながることもあります。
ストレスをためないことが大切です。

妊娠中の便秘解決のために下剤は服用してもいいのか?

普段から便秘の方は下剤を服用して解消しているかもしれませんが、妊娠中に下剤を使用してもいいのでしょうか?
便秘薬として一般的なのがペンクルシンという下剤です。市販されていて入手しやすく、便秘にとても効果的な薬です。
ペンクルシンは大腸に刺激を与えて自然に排便を促す効用があります。副作用が少ないという特徴もあります。
とても手軽で効果があるのですが、妊婦の方は使用を控えるように説明書きには書かれています。
というのも副作用が少ないとはいえやはり少しは副作用があり、人によっては腹痛やめまい、嘔吐の症状が出る場合があります。
また、排便を促す効果があるため流産や早産の危険があるため使用は控えた方が良いです。
薬はあくまで薬です。
少なからず体が吸収して、赤ちゃんにも影響を与える可能性があります。できる限り服用したくないものです。

薬を使わず便秘を解消する方法

一番良いのは薬を使用せずに便秘を解消することです。母体にも赤ちゃんにも安心です。
妊婦さんが便秘になる原因はいくつかありましたが、その多くは薬に頼らず解消することのできるものです。
特に食事によって解決することが出来るでしょう。定番ですが食物繊維をしっかりと摂るように心がけてください。
食物繊維はスムーズな排便に必ず必要なものです。豆類や野菜、きのこ、穀類、海藻類に多く含まれています。
普段からこうした食物を意識的に食事に組み込んでください。また同時に水分補給も積極的に行いましょう。
妊娠すると水分が赤ちゃんにも吸収されるため普段よりも多くの水分が必要になります。
特に冬は水分を摂るのをためらってしまいますが食事と共に意識的に水分を補給してください。また、適度な運動も必要です。
ホルモンバランスの乱れや、体調の変化によるストレスを和らげるために運動が効果的です。
激しい運動は刺激が多いですが、軽度な運動を行うことによりストレスを和らげ便秘解消にも効果的です。
妊婦さんは特に便秘になりやすく、悩んでおられる方も多いと思います。赤ちゃんのことを考えるとできるなら薬は使わず解消したいものです。日々の生活に少しプラスアルファすることで便秘の解消を促すことが出来ます。

最初は面倒に感じるかもしれませんが習慣にしてしまえばこっちのものです。ぜひ、意識的に取り組んでみてください。

便秘中の妊婦さんはストレッチで便秘解消かも

185823307

普段便秘に悩まされていない人が、妊婦になると突然便秘になる事があります。実は、これにはホルモンが関係していて妊娠を継続させるために必要になる黄体ホルモンが腸の蠕動運動を抑えてしまいさらには、段々とおなかの赤ちゃんが大きくなると腸事態を圧迫してしまうので便が出にくくなるのです。

胎児の血液や羊水を作るために水分を摂ってもそちらに使われてしまい水分不足になりやすく、これらが、妊婦が便秘になってしまう大きな原因なのです。とはいえ、薬があまり使えない妊婦さんにはとっても辛い症状です。薬を使わずに便秘解消できる方法を調べてみました。

妊婦の辛い便秘に毎日食べる麦ごはん

麦ごはんは、最近は食べている人は増えているのかもしれませんが、白米だけという人が多いと思います。白米に少し混ぜて炊くことでプチプチとした食感がアクセントになり結構癖になる味なのです。この麦ごはんには、食物繊維が大変豊富に含まれているので便秘解消にはとても良い食材です。

毎日食べるご飯なので、そこに少しの手間で栄養豊富なビタミンや食物繊維が取れるのが手軽で続けやすいのです。食物繊維は、便秘解消以外に体内の有害な物質を取り込み体外に排出してくれる効果もあるので特に妊娠中には嬉しい食材です。妊婦 便秘

頑固な妊娠初期の便秘にローズヒップティー

冒頭で申したように、妊娠中の便秘の一つの要因である黄体ホルモンによる腸の蠕動運動の抑制ですが、ローズヒップティーには、世間で良く謳われている美容効果の他にも色々効能があり、便秘にも効果があるのです。

ローズヒップティーは、腸の蠕動運動を活発にする働きがあるので無理のない自然なお通じが期待できます。また、妊娠初期には生理中に良くなるようにこれまたホルモンの働きで下痢になる事もあるのですが、この下痢になった時に腸内の善玉菌まで出てしまう事があり、これも便秘の一因になるのです。ローズヒップティーには、腸の善玉菌を増やしてくれる効果があり更には、ビタミンcも豊富に含まれているので腸内環境がとてもよくなります。

特に腸の蠕動運動が抑制されるのが妊娠初期なのでこの時期に、ローズヒップティーを飲むのはとても効果的です。またカフェインも含まれていないので妊娠中も安心な飲み物です。

妊娠後期にはストレッチをして便秘解消

妊娠初期には、ホルモンの影響が多かった妊婦の便秘ですが、後期になると赤ちゃんが大きくなる事での腸への圧迫による蠕動運動の抑制とともに、どうしても、運動不足になるので便通には欠かせない腹筋も弱くなり、血流も悪くなるので腸自体の活動も弱くなります。

そこで、妊婦さんでも安心して運動できる方法がストレッチです。勿論、安静にしていなくてはいけない人などは厳禁ですが、検診で特に異常がない人は実際やって頂くと効果が分かると思います。

立ち上がり、少し足を広げて腰を円を描くようにゆっくりと回します。時計回りと、その反対周りをゆっくりと何度か繰り返しましょう。

次に、坐ってするやり方ですが、あぐらをかいて坐ります。先ほど立って行ったように、ゆっくりと上半身を回します。これを数回繰り返します。ストレッチは、体調を見ながら気持ち良い感じで行うのが一番ですが、ポイントとしては、背筋を伸ばして、ゆっくりと深呼吸しながら、リラックスした気持ちで行うのが効果的です。

小学生の便秘は複雑な心理も原因になってくる

290455140小学生になるといろいろなことで人目を気にするようになります。授業中にトイレにいきたくてもなかなか言い出せなかったり、からかわれるので我慢するという子供が多いのです。

排便を我慢してしまうと腸内で水分がなくなっていき、家に帰った頃にはすっかり出にくくなってしまうんですよね。こういうことを繰り返していくと、どんどん悪化して頑固な便秘になってしまいます。

便秘に効果があるお茶やオリゴ糖を食事に使ってあげると、本人が意識しなくても便秘解消につなげていくことができるのでストレスを感じずに便秘を治していくことができます。

毎朝、排便のためにトイレに行くという習慣も必要になってくるので、その時間を見越して少し早く起床させるなどの生活改善も必要になってきます。

オリゴ糖を使うことで便が柔らかくなってトイレに籠る時間が短縮されることで、朝の忙しい時間にも苦にならずにトイレに行くことができるようになります。